×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


<< 小さな恋のものがたり 出演者情報 >>

Return to Cast List

菅井きん

タバコ屋のおばさん

村上の下宿先の1階でタバコ屋を営んでるおばさんで、実際は醤油や酒なども売っている雑貨屋。 趣味は競馬?でテレビ中継と新聞を見ながら熱くなることも...競馬歴は長いようだ。 チエ子はタバコやマッチ、醤油などの調味料を買うことを口実にこの店によく来る。


このタバコ屋さん実際は酒屋さんです。 当時の菅井さんは40歳半ばを過ぎた頃の撮影だったと思われますが、今や80歳を過ぎても現役の女優として頑張っていますよね。 応援してます!

(すがい きん、1926年(大正15年)2月28日 - )女優。東京都出身。本名 佐藤キミ子。「菅井きん」という芸名は、旧名である「須斎キミ子」をもじったもの。血液型B型。


頌栄女子学院卒。 第二次大戦後、東京大学で事務職員として勤めていた。しかし演劇への情熱が捨てられず、劇団俳優座に入団し舞台に立つ。その頃に映画監督に映画女優としてスカウトされる。「東大の事務職員を辞めて、本格的に女優になりたい」と父に相談したところ、「女優とは、原節子さんのようなもっと美しい女性がなるものだ」と批判されてしまったというエピソードがある。 1951年に『風にそよぐ葦』で映画デビューの後、数々の映画、テレビに出演。今や日本の演劇・テレビドラマには欠かせない名脇役となった。 現在の女優・菅井きんの地位を築かせた作品と言えば、何といっても1973年4月21日から放送が開始された『必殺仕置人』(を始めとする一連のシリーズ)における主人公の姑・中村せん役であろう。婿殿・中村主水を演じる藤田まことをいびる様子は非常に憎々しく、しかし同時に何処か愛嬌もあり、嫁・りつ役の白木万理と共に、シリーズになくてはならない存在であった(ちなみに菅井は一度だけ、「せん役のイメージのせいで、娘の縁談に支障が出る」との理由で、必殺シリーズからの降板を願い出たことがある)。 また、1994年に放送したテレビドラマ「家なき子」での鬼婆ぶりは大変迫力があり、話題になった。 夫は元俳優座映画放送のプロデューサーで、映画「砂の器」「八甲田山」などに携わった佐藤正之(1996年に死別)。 母親役がはまり役のイメージであるが、料理は大の苦手らしい。 以前、野沢直子が菅井の名前を連呼する「おーわだばく」というコミックソングを作った(1番目は曲名の通り大和田獏の名前を、3番目は大村崑の名前を連呼しており、菅井は2番目に連呼されている)。


主な出演映画

1952年 『生きる』
1954年 『ゴジラ』
1968年 『肉弾』
1963年 『天国と地獄』
1969年 『コント55号 人類の大弱点』
1970年 『どですかでん』
1973年 『まむしの兄弟 恐喝三億円』 (東映)
1977年 『トラック野郎 度胸一番星』 (東映)
1977年 『八甲田山 』
1984年 『お葬式』 (監督伊丹十三)
1996年 『必殺!主水死す』
1999年 『あの、夏の日ーとんでろ じいちゃん』
2005年 『理由』


主なテレビドラマ

1973年 必殺仕置人 朝日放送(テレビ朝日系列)以降、必殺シリーズにレギュラー出演。
1973年 太陽にほえろ! 日本テレビ 柴田たき(松田優作演じる「ジーパン刑事」の母親)役。他ゲストあり。
1985年 うちの子にかぎってパート2  4月12日 - 7月26日 金曜日 21:00-21:55 全13回 田村正和演じる石橋先生と同僚の荒牧先生役。
1986年 いのちNHK大河ドラマ (主演・三田佳子) 岩田テル(主人公の姑役)
1991年−1997年 七人の女弁護士 テレビ朝日(主演・賀来千香子)綾小路桜子 役
1994年 家なき子 日本テレビ (主演・安達祐実) 田畑光江
1998年 ブラザーズフジテレビ (主演・中居正広) 青山幸枝
2000年 私の青空 NHK朝の連続テレビ小説(主演・田畑智子) 飛田トメ
2000年 トリック (主演・仲間由紀恵・阿部寛)テレビ朝日 episode1 霧島澄子役
2004年 おみやさん テレビ朝日 (主演・渡瀬恒彦)鳥居家のお手伝いさん
2004年 逃亡者 RUNAWAY TBS (主演・江口洋介)ゲスト出演
2006年 功名が辻 NHK 大政所役
2007年 エラいところに嫁いでしまった! テレビ朝日 



ウィキペディアより

Return to Cast List