×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


<< だから大好き! 出演者情報 >>

Return to Cast List

草野大悟

スパルタ学園の男教師・鬼塚先生

軍隊のような規律で生徒を威圧し、問題を解けなかった生徒には厳しい罰を与える。 そのやり方にさやかは抗議するが、鬼塚先生は一切変えることをしなかった。 そして罰を与えた生徒をさらに退園処分にしてしまうのだが...


いきすぎたスパルタ教育はよくないと思いますが... 今の時代、このような教育をするところなんてあるんでしょうか? 草野さんは第9話のみの出演ですが、当時は映画やテレビに多数出演し活躍されていました。

(くさの だいご、1939年9月7日 - 1991年2月27日)俳優。台湾・台中市出身。妻は女優の田島和子。


鹿児島県で幼少期を過ごし、1958年に明治大学に入学するが、すぐに中退。1961年、文学座附属演劇研究所に入所。同期に岸田森、樹木希林、小川真由美、寺田農、橋爪功、北村総一朗らがいた。翌年に準座員として文学座に入団、1966年に座員へと昇格する。1967年に文学座を退団し、その前年に草野に先駆けて文学座を離れていた岸田らが結成していた「六月劇場」に参加、以降はテレビ・映画への出演も多くなる。
舞台を中心に活躍する傍ら、岡本喜八、新藤兼人両監督の映画作品に常連として数多く出演。また、勝新太郎との親交も深かったことから、勝プロ製作のテレビ・映画にも頻繁に登場した。私生活でも大の親友だった岸田や、六月劇場の後輩・松田優作との共演も多数ある。
また、思わず聞き惚れてしまうほどの美声の持ち主で、小山田宗徳に声が似ていた為、間違われる事もあったが、ラジオドラマやナレーション、朗読劇などでも活躍した。
1991年2月24日、TBSラジオ「ラジオ図書館」の収録中に意識を失い、緊急入院。2月27日、脳内出血のため51歳の若さで急逝。

主な出演映画

座頭市と用心棒(1970年、大映)
野獣都市(1970年、東宝)
曼陀羅(1971年)
御用牙(1973年、勝プロ)
ゴジラ対メカゴジラ(1974年、東宝)
子連れ狼 地獄へ行くぞ!大五郎(1974年、勝プロ)
日本人のへそ(1977年、ATG)
最も危険な遊戯(1978年、東映)
ブルークリスマス(1978年、東宝)
地震列島(1980年、東宝)
天平の甍(1980年、東宝)
駅 STATION(1981年、東宝)


主なテレビドラマ

源義経(1966年、NHK)
ケンチとすみれ(1967年 - 1968年、NHK)
怪奇大作戦(1968年、TBS・円谷プロダクション) - 5話「死神の子守唄」
天皇の世紀(1971年、ABC) - 大久保利通役
俺たちの勲章(1975年、日本テレビ・東宝)第16話「儀式の終わりに」
必殺仕業人(1976年、朝日放送・京都映画撮影所(現・松竹京都映画株式会社)制作、NETテレビ(現・テレビ朝日)系列) - 19話「あんたこの奥の手をどう思う」
必殺からくり人(1976年、テレビ朝日系列)
新・座頭市 第1シリーズ(1976年、フジテレビ) - 7話・25話ゲスト出演
紅い花(1976年、NHK) - 主演。作品として芸術祭大賞、エミー賞国際優秀賞を受賞。
大都会 PARTII(1977年5月、日本テレビ) - 7話「ダイヤモンドは死の匂い」
新・座頭市 第2シリーズ(1978年、フジテレビ) - 7話「遠い昔の日に」
恐竜戦隊コセイドン(1978年 - 1979年、東京12チャンネル・円谷プロ)
スターウルフ(1978年、日本テレビ・円谷プロ)
事件(1980年、NHK)
新・事件 ドクターストップ(1982年、NHK)
あさきゆめみし(1982年11月、NHK)
火曜サスペンス劇場 殺意の証明(1987年11月、日本テレビ)
翔ぶが如く(1990年、NHK大河ドラマ
殺意の団欒(1990年、日本テレビ)



ウィキペディアより

Return to Cast List