×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


<< だから大好き! 出演者情報 >>

Return to Cast List

関敬六

ハマブランカの支配人

さやかとウスラ、サブが働いているハマブランカの支配人で、そこに来ていた詐欺師親子の口車に乗せられる。 ハマブランカに来ていた詐欺師の母親は浜ステップのショーの際、わざと転んでけがをしたように見せかけ見舞金をだまし取り、さらに二枚目詐欺師に観光開発の話を勧められる。


関さんは渥美清さん、谷幹一さんと共に「スリーポケッツ」というお笑いトリオのメンバで当時は人気があったようです。 解散後はそれぞれがテレビや映画で活躍されましたが、残念ながら2007年6月25日に谷さんも亡くなりメンバーは全員いなくなってしまいました。(第12話に出演)

(せき けいろく、本名:関谷 敬二(せきや けいじ)、1928年3月25日 - 2006年8月23日)俳優、声優。栃木県足利市出身。


陸軍特別幹部候補兵として従軍した後、1951年法政大学専門部を卒業した。
榎本健一のエノケン劇団を経て、浅草フランス座に所属した。当時は渥美清や谷幹一もいて、三人で下積み時代を支えあった。1959年にはこのトリオでスリーポケッツを結成し、一躍お茶の間の人気トリオとなる。その後、スリーポケッツは解散し、1975年に自ら劇団を立ち上げる。主に浅草を中心に活躍し、浅草の舞台史を彩る人物であるが、その一方で、映画「男はつらいよ」シリーズやテレビでも活躍している。舞台や映画などでの精力的な活動が評価され、芸術祭優秀賞などを受賞している。その他の受賞歴も多い。
外国アニメの声の吹き替えなど声優としても活躍。ダチョウ倶楽部の持ちギャグ「ムッシュムラムラ」の元祖は、この関である。
2006年8月23日午前2時8分、肺炎のため東京都千代田区の病院で死去した。享年78。

主な出演映画

「男はつらいよ」シリーズ(第1作〜第2作、第26作〜第48作)


主なテレビドラマ

「泣いてたまるか」(1966年、TBS)
「宇宙刑事シャリバン」 (1983年 - 1984年、東映・テレビ朝日)(9話、怪老人役)
「流れ板七人」(1997年、テレビ朝日)
「天うらら」(1998年、NHK)
徹子の部屋(2002年8月14日放送分)


アニメ

「オバケのQ太郎」(1965年、TBS、桃栗三太夫の声)
「スーパースリー」(1967年、テレビ朝日、コイルの声)
「ファイトだ!!ピュー太」(1968年、テレビ朝日、ツルリ博士の声)
「宇宙忍者ゴームズ」(1969年、テレビ朝日、ガンロックの声)
「スカイキッド ブラック魔王」(1970年、テレビ朝日、ヘッピリの声)
「爆走バギー大レース」



ウィキペディアより

Return to Cast List