×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


<< ママはライバル 出演者情報 >>

Return to Cast List

ケーシー高峰

山之上先生を診察した医者

恋の病にかかって学校を無断欠勤している山之上先生の自宅に往診に来た医者で、診察の結果「イッヒリッヒネーベン」という病気と診断。 この先生の説明によると、この病は「脳の中に色気がついて、バカ丸出しの状態」になるらしい。


ケーシー高峰さんの当時のギャグがドラマの中でも生かされています。(第29話に出演)

(―たかみね、1934年2月25日-)は漫談家。本名、門脇 貞男(かどわき さだお)。山形県最上町出身。家業は新庄市で歯科医を営んでいる。白衣姿で、黒板(あるいはホワイトボード)を用いた医学漫談を得意とする。


芸名のケーシーは医師を主人公にしたテレビドラマ「ベン・ケーシー」からとったもの(出囃子のかわりに「ベン・ケーシー」のテーマ音楽で登場することがある。例えば2006年1月1日放送の「大笑点」)。当時人気があった女優高峰三枝子のファンだったから高峰をとったという。
母が開業医。父は商社マン。家業を継ぐべく、日本大学医学部に入学するが、教授と相容れなかった(いじめを受けた)ことと、ジャズに傾倒したことがきっかけで芸術学部に転部。卒業後、漫才師のリーガル天才に弟子入り。その後はコロムビア・トップの青空一門で大空はるか・かなたという漫才コンビを結成1968年、東京12チャンネル(現テレビ東京)系「おいろけ寄席」で司会を務め、セニョール、セニョリータ、グラッチェなどの怪しげな外国語を連発し、人気を博した。
また、俳優としても渋い脇役としてドラマ、映画、舞台などで活躍。2002年の「木更津キャッツアイ」で見せたオカマヤクザの怪演は大きな話題を呼んだ。舌癌の完全摘出に成功し、克服。舌へ大幅にメスを入れたにもかかわらず、口跡がまったく衰えていない。現在でも寄席(寄席での人気は健在で常に観客を爆笑させ魅了している)、テレビなどでの活躍を見せる。定住してほどなく20年ほどになる福島県いわき市観光大使(サンシャイン大使)も務める。


主な出演映画

息子(1991年 松竹 山田洋次作品)
学校V( 松竹 山田洋次作品)


主なテレビドラマ

まんが道(NHK 銀河テレビ小説 大桑記者役)
夢千代日記(NHKドラマ人間模様木原医師役)
水戸黄門
名奉行 遠山の金さん(テレビ朝日)
木更津キャッツアイ(TBS 小峰社長役)


ウィキペディアより

Return to Cast List