×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


<< ママはライバル 出演者情報 >>

Return to Cast List

沢村貞子

三条秀夫の母親

マリのおばあちゃんからの勧めで息子の秀夫とツバサのお見合いが行われるが、ツバサはそれがお見合いだとは知らなかった。 健に意地悪をと「秀夫さんが大好き」と言ってしまったことで、縁談がどんどん進んでしまう...


上品なイメージの沢村さん、数多くの映画に出演されていました。(第34話に出演)

(さわむら さだこ、1908年(明治41年)11月11日 - 1996年(平成8年)8月16日)は俳優、随筆家。東京市浅草区生まれ。本名、大橋貞子。


狂言作者・竹芝伝蔵の次女として生まれた。兄は俳優の沢村国太郎、弟も俳優の加東大介で、沢村国太郎の二人の息子で彼女からは甥にあたる長門裕之、津川雅彦も俳優である。
日本女子大学師範家政学部を経て、日活太秦現代劇部に入社。小津安二郎監督作品などで名脇役として活躍し、生涯で100本を越す映画に出演した。1956年、映画「赤線地帯」で毎日映画コンクール女優助演賞を受賞。1996年には日本アカデミー賞会長特別賞を受賞した。
エッセイストとしても数多くの著作を世に出している。特に1977年に発表した自伝的随筆『私の浅草』は下町の風情を生き生きと綴りあげた名著と評価が高い。この作品は第25回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞し、『貝のうた』とともにNHK朝の連続テレビ小説「おていちゃん」の原作となった。
立ち上がるとき「どっこいしょ」といったことに衰えを感じ女優を引退。横須賀市に隠居。毎日湘南の海を望遠鏡で眺めて過ごす。
1996年8月16日、心不全のため死去。享年87。本人の遺志により、葬儀では身内だけで納棺式を行い荼毘にふした後、遺骨は夫の遺骨とともに相模湾に散骨された。


主な出演映画

破れ太鼓(1949年)
真珠夫人(1950年)
西鶴一代女(ヴェネチア国際映画祭国際賞受賞作品。1952年)
おかあさん(1952年)
若い人(原作:石坂洋次郎。1952年)
晩菊(1954年)
黒い潮(1954年)
潮騒(原作:三島由紀夫。1954年)
ここに泉あり(1955年)
ジャンケン娘(1955年)
赤線地帯(1956年)
太陽とバラ (1956年)
日日の背信(1958年)
裸の大将(1958年)
お早よう Good Morning (監督:小津安二郎。1959年)
氾濫(1959年)
女が階段を上る時(1960年)
秋日和 Late Autumn (監督:小津安二郎。1960年)
飼育(監督:大島渚。1961年)
あの橋の畔で(1962年)
忠臣蔵 花の巻・雪の巻(1962年)
無法松の一生(1963年)
あの橋の畔で 完結篇(1963年)
甘い汗(1964年)
うず潮(1964年)
飢餓海峡(1964年)
波影(1965年)
雪国(原作:川端康成。1965年)
空いっぱいの涙(1966年)
あこがれ(1966年)
さよなら列車(1966年)


ウィキペディアより

Return to Cast List