×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


<< ニセモノご両親 出演者情報 >>

Return to Cast List

牧伸二

瀬川菊之助

ひみこのニセモノの父親。 旅一座をクビになって、妻のあやめと途方に暮れていた時に、一時的にニセモノの両親になってほしいと話しかけられる。 「これでも一応は芸人のはしくれ、ニセモノを演じるのはお安い御用。」と引き受けるが、3食昼寝付でしかも住む家までも手に入れたこの夫婦は、あまりの居心地の良さに一時的がそのまま居座ることに...


富士真奈美さんとのコンビで絶好調の牧伸二さん。 ドラマの中でも自慢のウクレレを奏でる場面があります。 後半は富士さんの出演が減り一人ドタバタもありますが、それでもさえていました。

(まき しんじ、1934年9月26日 - )東京都目黒区出身のお笑いタレント、ウクレレ漫談家(一時期ギターを使ったり、レゲエアレンジをしたりしたこともある)。本名、大井守常。佐藤事務所に所属。


1934年9月26日、東京都目黒区にて生まれる。その後、ラジオ東京(現TBS)の番組「素人寄席」に出演し、9回連続して名人となったことから、1957年、漫談家・牧野周一に入門。牧伸二の名前を襲名する。
1960年、文化放送「ウクレレ週刊誌」の司会者となり、ウクレレを奏でながら歌うボヤキ漫談「やんなっちゃった節」が大人気となり、お茶の間を沸かす。また喜劇映画・バラエティ番組などにも数々出演する。なお「やんなっちゃった節」はハワイアンソングの『タフア・フアイ』(先住民族が戦地に赴く際に演奏されたものが原型となっている)をアレンジしたものであり、牧自身も舞台で原曲を披露することがまれにある。
続く1963年、NETテレビ(現テレビ朝日)の演芸番組「大正テレビ寄席」の司会者となりこれも大人気であった。大正テレビ寄席は以降・15年間続くテレビ朝日の長寿番組となった。
また、1965年には、第2回日本放送作家協会賞「大衆芸能賞」を受賞する。
1999年、東京演芸協会会長に就任。
2003年、文化庁長官賞を受賞。
趣味は絵画(アクリル画)で、毎年個展を開催している。また女優・泉ピン子の師匠でもある。
さらに、同い年の坂上二郎、財津一郎、藤村俊二、大橋巨泉らと「昭和九年会」を開いている。
東京における大衆演芸を代表する一人である。
サッカー浦和レッズ、小野伸二の『伸二』は彼の母親が熱狂的な牧伸二ファンだった為付けられた。


牧伸二ホームページ

ウィキペディアより

Return to Cast List