×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


<< ニセモノご両親 出演者情報 >>

Return to Cast List

浜田光夫

日高一作

北海道の幼馴染。 ひみこの本当の両親がひみこの婚約者にしたいと思っている人物。 ひみこを取り戻しに東京に出て来るが一緒に住んでいる二人のことを、ひみこが俊也との婚約を成立させるために仕組んだニセモノの両親だとは知らず、ひみこの家の召使だと思っている。


第1話での馬に乗っての登場はカッコ良かったですね! ドラマの設定ではこの牧場は北海道になっていますが、実は東京で撮影されたものです。 場所は「こどもの国」。

(はまだみつお、本名・浜田光曠、1943年10月1日−)東京都出身の昭和後期・平成期の俳優。


小学生のときに、「劇団東童」に入る。そこを「劇団民藝」の若杉光夫監督の目に留まり、民藝が製作し日活が配給した『石合戦』に本名で出演する。

吉永小百合の相手役時代

玉川学園高等学校在学中の1960年、日活に入社し、『ガラスの中の少女』で吉永小百合と共演し、デビューする。引き続き、日本大学芸術学部に入学後も主演作を次々と発表した。
従来のアクション路線がマンネリ化していた日活にとって、浜田・吉永コンビの純愛路線はファンの支持を集めることとなった。特に、浦山桐郎監督の『キューポラのある街』、ベストセラーを映画化した『愛と死をみつめて』などの話題作に出演し、吉永小百合と共に、青春スターとしての地位を確立する。

傷害事件と芸風変更

1966年、食事中に電気スタンドを投げつけられて右目を大怪我する。失明は免れたが後遺症が残り、翌年復帰するが往年の人気は得られず、バイプレーヤー的な俳優へと転向する。1970年、テレビドラマ『お荷物小荷物』(朝日放送製作、TBS系)で、小言屋だが肝心な時には頼りない5人兄弟の次男・滝沢義を演じ、コミカルな演技で新境地を開拓した。同作の脚本だった佐々木守と意気投合し、この後『アイアンキング』『岡崎友紀18歳シリーズ』など、1970年代前半に佐々木が執筆または関係したテレビドラマの常連的存在となっている。


主なテレビドラマ

アイアンキング (1972年、 TBS)霧島五郎役
水戸黄門 第13部(1983年 TBS・C.A.L.)第14話「暖簾を救った身代り女房・堺」 浪花屋吉蔵役


浜田光夫公式ホームページ

ウィキペディアより

Return to Cast List