×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


<< なんたって18歳! 出演者情報 >>

Return to Cast List

藤村有弘

大竹所長

まどかの入社当日におじさん呼ばわりされ、何かと失敗の多いまどかをクビにしようとするが、社長がいつもそれを止める。


「我社、始まって以来の『最低最悪』のバスガイド」... は所長が名付親。 海外ロケでは藤村さんの18番!のインチキ外国語も楽しめます。

(ふじむら ありひろ、1934年3月6日 - 1982年3月16日 )昭和後期の声優、俳優。東京都千代田区出身。


幼少期より、芸能活動を行い、喜劇役者として映画などで個性的な役柄を演じたほか、『ひょっこりひょうたん島』のドン・ガバチョの声(初代)やインチキ外国語で一世を風靡した。日本のお笑い史にも軌跡を残し、“バンサ”の愛称で知られる。
タモリも得意とするインチキ外国語の芸(ハナモゲラ語)の元祖であり、特にイタリア語バージョンの「ドルチャメンテコチャメンテ、スパゲッティナポリターナ、ゴンドラスーイスーイ、トラバトーレ、トルナラ・トッテミーロ」は現代でも知られている有名なお笑いのフレーズであろう。
また、趣味はアマチュア無線と、これまたタモリの先をいっている。
1982年3月13日、静岡放送(SBSラジオ)でレギュラー出演していた「藤村有弘の東海道それゆけ4時間!!」に出演した直後、糖尿病により入院。その直後の3月16日に48歳の若さで死去。


主な出演映画

疾風小僧


主なテレビドラマ

ザ・ガードマン 第16話「ガードマンを罠にかけろ」(1965年、大映テレビ室、TBS)
泣いてたまるか(1966年、国際放映、TBS)


主な出演バラエティ番組

夢であいましょう(1963年6月8日ゲスト出演 NHK)
お笑いオンステージ(1980年11月9日ゲスト出演 NHK)
今夜は最高!(1982年(昭和57年)2月20日ゲスト出演 NTV)


人形劇

チロリン村とくるみの木(オンマのホワイト役 1956年−64年)
ひょっこりひょうたん島(ドン・ガバチョ役(初代) 1964年−69年)
空中都市008(ワイズマン役 1969年−70年)
プリンプリン物語(ドン・ガバチョ役 1979年)
船のりクプクプのぼうけん(船長役 1982年)


ウィキペディアより

Return to Cast List