×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


<< なんたって18歳! 出演者情報 >>

Return to Cast List

河原崎長一郎

釣り具メーカー「ムサシ」の責任者

釣り具メーカー・ムサシが企画したツアーで自社の宣伝のために釣り名人を呼んだ。 自社の商品宣伝・販売の為、名人といえども万が一、魚が釣れない場合を考え、釣り船で出た時は卓丸に名人の釣り道具の特徴を教え、海に潜らせて魚を仕組むように指示し、釣れたように見せかける。 魚の餌はいいものを使っていることをアピールするため、添乗員のアワノにその餌を食べさせるが、後でアワノは腹痛を訴える。


ドラマの中で名人が1回だけ、この担当者の名前を呼ぶシーンがあるのですが、わかりませんでした。 ところで、河原崎さん、映画はあまり知らないのですが、テレビドラマでは1970年代から1980年代に活躍された俳優さんですよね。

(かわらさきちょういちろう 1939年1月11日 - 2003年9月19日)俳優。河原崎長十郎の長男。本名・河原崎統一。妻は女優の伊藤榮子。弟は俳優の河原崎次郎、河原崎建三。東京都出身。東京都立武蔵高等学校卒業。早稲田大学中退。


おしどり夫婦としてしられ、妻の伊藤榮子は河原崎を「長さん」を呼び深い愛情を寄せていた(トーク番組にてたびたび語られていた)
日本の優しい父親像を好演し、40代から50代にかけてホームドラマ全盛期にとってかけがえのない存在となる。糖尿病の持病があり、一時病状が小康を得た頃、昼のドラマ「花の咲く家」にて 昼ドラとしては例外的に主役を務めた。1990年代後半から持病の糖尿病から脳血管障害(脳梗塞)を煩い、療養生活を送る。
2003年9月19日、急性心不全のため64歳で死去。


主な出演映画

宮本武蔵・般若坂の決斗(1962年)/林吉次郎
忍者秘帖 梟の城(1963年)/雲太郎
五番町夕霧楼(1963年)
宮本武蔵・二刀流開眼(1963年)/林吉次郎
十三人の刺客(1963年)/牧野妥女
宮本武蔵・一乗寺の決斗(1964年)/林吉次郎
大殺陣(1964年)/別所隼人
宮本武蔵・巌流島の決斗(1965年)/林吉次郎 はいからさんが通る(1987年)/花村少佐
少年時代(1990年)
男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様(1994年)
写楽(1995年)
瀬戸内ムーンライト・セレナーデ(1997年)


主なテレビドラマ

お荷物小荷物(朝日放送・1970年 - 1971年)
おれは男だ!(日本テレビ・1971年)
嫁チャンポン(朝日放送・1973年)
俺たちの旅 24話「男の道はきびしいのです」(日本テレビ・1976年3月21日)
新五捕物帳(1977年〜1982年、日本テレビ・ユニオン映画)第5話
白い巨塔(フジテレビ・1978年 - 1979年)佃医局長役
沿線地図(TBS・1979年)
Gメン'75 218話「梟の森みな殺しの夜」(TBS・1979年)
太陽にほえろ! 259話「怪物」(日本テレビ・東宝・1979年11月)
1年B組新八先生(TBS・1980年) サンキュー先生(テレビ朝日・1980年)磯谷(前田晃一)の父親・磯谷建設社長役
太陽にほえろ! 446話「光る紙幣」(日本テレビ・東宝・1981年2月)
2年B組仙八先生(TBS・1981年)
意地悪ばあさん(フジテレビ・1981年 - 1982年)
淋しいのはお前だけじゃない(TBS・1982年)
ひと夏の復讐(TBS・1983年)
スチュワーデス物語(TBS・1983年)
早春スケッチブック(フジテレビ、1983年)
友だち(NHK総合、1987年)
六本木ダンディーおみやさん(朝日放送・スタッフアズバーズ 1987年)
火曜サスペンス劇場「浅見光彦ミステリー7・備後路殺人事件」刑事役(日本テレビ・近代映画協会 1990年)
世にも奇妙な物語 『ユリコちゃん』(フジテレビ系・1991年)
清左衛門残日録(NHK・1993年)
花の咲く家(東海テレビ・泉放送制作 1993年12月)
黄落(テレビ東京・1997年)


ウィキペディアより

Return to Cast List