×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


<< なんたって18歳! 出演者情報 >>

Return to Cast List

草野大悟

作家

ロイヤルサロンバスに乗務できるバスガイドを審査するために選ばれた審査員。 水沼伶子を審査する。 伶子に自分の書いた本を知っているかと聞くが、カメラマンが伶子をモデルに写真撮影、邪魔をされる。 ポーズをとる伶子がバランスを崩し持っていた飲み物を頭からかけられてしまう。


作家らしい格好での登場でしたが何のためにサロンバスに乗車しているのかわかりませんでした。(第42話に出演)

(くさの だいご、1939年9月7日 - 1991年2月27日)は、日本の俳優。台湾・台中市出身。妻は女優の田島和子。


鹿児島県で幼少期を過ごし、1958年に明治大学に入学するが、すぐに中退。1961年、文学座附属演劇研究所に入所。同期に岸田森、樹木希林、小川真由美、寺田農、橋爪功、北村総一朗らがいた。翌年に準座員として文学座に入団、1966年に座員へと昇格する。1967年に文学座を退団し、その前年に草野に先駆けて文学座を離れていた岸田らが結成していた「六月劇場」に参加、以降はテレビ・映画への出演も多くなる。
舞台を中心に活躍する傍ら、岡本喜八、新藤兼人両監督の映画作品に常連として数多く出演。また、勝新太郎との親交も深かったことから、勝プロ製作のテレビ・映画にも頻繁に登場した。私生活でも大の親友だった岸田や、六月劇場の後輩・松田優作との共演も多数ある。
また、思わず聞き惚れてしまうほどの美声の持ち主で、小山田宗徳に声が似ていた為、間違われる事もあったが、ラジオドラマやナレーション、朗読劇などでも活躍した。
1991年2月24日、TBSラジオ「ラジオ図書館」の収録中に意識を失い、緊急入院。2月27日、脳内出血のため51歳の若さで急逝。


主な出演映画

放浪記(1962年、東宝)
喰べた人(1962年、自主制作)
二匹の牝犬(1964年、東映)
悪女(1964年、東映)
悦楽(1965年、松竹)
本能(1966年、松竹)
日本ゲリラ時代(1968年、松竹)
赤毛(1969年、東宝)
座頭市と用心棒(1970年、大映)
野獣都市(1970年、東宝)
七月の兵隊(1970年、自主制作)
曼陀羅(1971年、ATG)
激動の昭和史 沖縄決戦(1971年、東宝)
百万人の大合唱(1972年、東宝)
夕映えに明日は消えた(1973年、東宝)※未公開
御用牙(1973年、東宝・勝プロ)
ゴジラ対メカゴジラ(1974年、東宝)
子連れ狼 地獄へ行くぞ!大五郎(1974年、東宝・勝プロ)
日本人のへそ(1977年、ATG)
最も危険な遊戯(1978年、東映)
ダイナマイトどんどん(1978年、東映)
ブルークリスマス(1978年、東宝)
白昼の死角(1979年、東映)
地震列島(1980年、東宝)
天平の甍(1980年、東宝)
駅 STATION(1981年、東宝)
上海バンスキング(1984年、松竹)
必殺! THE HISSATSU(1984年、松竹)
時代屋の女房2(1985年、松竹)
蕾の眺め(1986年、にっかつ)
この愛の物語(1987年、松竹富士)
必殺!4 恨みはらします(1987年、松竹)
父(1988年、松竹)
TOMORROW 明日(1988年、日本ヘラルド映画)
嵐の中のイチゴたち(1989年、映像企画)


主なテレビドラマ

特別機動捜査隊(1965年、NET・東映) - 第201話「怒りの大地」
源義経(1966年、NHK)
ケンチとすみれ(1967年 - 1968年、NHK)
風(1968年、TBS・松竹) - 第31話「虫けら野郎」
怪奇大作戦(1968年、TBS・円谷プロ) - 第5話「死神の子守唄」
天皇の世紀(1971年、朝日放送・国際放映) - 第9話「急流」 ※大久保利通役
木枯し紋次郎(1972年、フジテレビ・C.A.L.) - 第15話「背を陽に向けた房州路」
唖侍 鬼一法眼(1974年、日本テレビ・勝プロ) - 第21話「母子像無残」
俺たちの勲章(1975年、日本テレビ・東宝) - 第16話「儀式の終わりに」
子連れ狼 第3部(1976年、日本テレビ・ユニオン映画) - 第5話「母なる味」
必殺仕業人(1976年、朝日放送・松竹) - 第19話「あんたこの奥の手をどう思う」
必殺からくり人(1976年、朝日放送・松竹) - 第3話「賭けるなら女房をどうぞ」
非情のライセンス 第2シリーズ(1976年、NET・東映) - 第82話「兇悪の捜査」
新・座頭市 第1シリーズ(1976年、フジテレビ・勝プロ) - 第7話「わらべ唄が聞える」・第25話「帰って来た渡世人」
紅い花(1976年、NHK) - 主演。作品として芸術祭大賞、エミー賞国際優秀賞を受賞。
男たちの旅路 第2部(1977年、NHK) - 第2話「冬の樹」
大都会 PARTII(1977年5月、日本テレビ・石原プロ) - 第7話「ダイヤモンドは死の匂い」
Gメン'75(1977年、TBS・東映) - 第113話「ガンを宣告された刑事」
新・必殺からくり人・東海道五十三次殺し旅(1977年、朝日放送・松竹) - 第1話「東海道五十三次殺し旅 日本橋」
新・座頭市 第2シリーズ(1978年、フジテレビ・勝プロ) - 第7話「遠い昔の日に」
恐竜戦隊コセイドン(1978年 - 1979年、東京12チャンネル・円谷プロ)
スターウルフ(1978年、日本テレビ・円谷プロ)
警視-K(1980年、日本テレビ・勝プロ) - 第10話「いのち賭けのゲーム」
ドラマ人間模様 / 事件(1980年 - 1984年、NHK)
あさきゆめみし(1982年11月、NHK)
気分は名探偵(1984年、日本テレビ)
火曜サスペンス劇場 / 殺意の証明(1987年11月、日本テレビ)
翔ぶが如く(1990年、NHK大河ドラマ)
殺意の団欒(1990年、日本テレビ)


演劇

文学座時代
ジュリアス・シーザー(1961年)
光明皇后(1962年)
唖しのユミュリュス(1962年)
綾の鼓(1962年)
ジークフリート(1962年)
守銭奴(1962年)
日本の孤島(1963年)
トスカ(1963年)
調理場(1963年)
城(1963年)
マリアのお告げ(1964年)
三人姉妹(1964年)
霊柩車とともに(1964年)
無害の毒薬(1965年)
怒りをこめてふり返れ(1965年)
おりき(1965年)
山壁(1966年)
犀(1966年)
振り向かない男(1966年)

その他
魂へキックオフ(1967年、六月劇場)
夏(1968年、アンダーグランド演劇公演)
かれら自身の黄金都市(1968年、六月劇場)
夜うつ太鼓(1968年、六月劇場)
阿賀野雅野(1969年、アンダーグランド演劇公演)
海賊(1969年、六月劇場)
バーディーバーディー(1970年、演劇センター)
翼を燃やす、天使たちの舞踏(1970年、演劇センター)
終盤戦-勝負の終り(1971年)
翼を燃やす、天使たちの舞踏(1971年、演劇センター)
狼少女(1971年)
さらば滅亡の町よ(1973年)
新・大晴天(1974年、自動座)
盟三五大切(1976年、結城人形座)
もっと泣いてよフラッパー(1978年、オンシアター自由劇場)
毒薬と老嬢(1978年)
ステージ・ドア(1979年)
毒薬と老嬢(1979年)
バースディ・パーティ(1980年) 情婦-検察側の証人(1980年、スタジオ・ターボ)
バーレスク1931(1981年、スタジオ・ターボ)
花吹雪二人櫻(1981年)
戯曲冒険小説(1981年)
ねずみとり(1982年)
刺殺遊戯(1982年)
イカルガの祭り(1983年)
オズの魔法使い(1983年)
グレイクリスマス(1983年)
タランチュラ(1984年)
のすかいおらん(1984年)
くたばれヤンキース(1985年)
団十郎と音次郎(1986年)
涎れの天使(1986年)
顧問弁護士(1986年)
イェルマ(1988年)
丘の上のハムレットの馬鹿(1988年)
ハムレット(1989年)
闇市愚連隊(1989年)
流浪伝説(1990年)
夏の盛りの蝉のように(1990年)
東京行進曲(1990年)


著書

同志!僕に冷たいビールをくれ「天平の甍」中国ロケはみだし記(1980年、講談社)
俳優論(1992年、晶文社)ISBN 4794948417


ウィキペディアより

Return to Cast List