×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


<< なんたって18歳! 出演者情報 >>

Return to Cast List

安田伸

時代劇の脚本家

時代劇のシナリオを描いているが、ありきたりのストーリに頭を抱えているところにはるかがアドバイスをする。 思わぬ展開に感動し、それをシナリオにして監督に持っていくが、即座に却下されてしまう。


確かに作家というイメージですが、何でバスの中にいたんですかね? はちまきをして、それに鉛筆をさすなんてことします? 昔の脚本家ってそんな感じだったんでしょうか?(第43話に出演)

(やすだ しん、1932年9月19日 - 1996年11月5日)サックス奏者、コメディアン、俳優。本名、安田 秀峰(やすだ ひでみ)。
東京都出身。茨城県土浦市で育つ。東京芸術大学卒業。
石橋エータローらとともにハナ肇とクレージーキャッツを結成。テナーサックスを担当した。
俳優としても活動。テレビドラマではTBS日曜劇場・『びっくり箱』(向田邦子原作・1977年)、『敬礼!さわやかさん』などに出演。映画では『クレージー作戦 先手必勝』(1963年)、『運が良けりゃ』(1966年)、『吹けば飛ぶよな男だが』(1968年)などに出演した。
私生活では体操家の竹腰美代子と結婚。子宝に恵まれず、晩年安田自身が肺癌と闘病を余儀なくされるなど試練は少なくなかったが竹腰とは最後まで仲良き夫婦生活をまっとうした。1996年、急性心筋梗塞のため64歳で死去。(竹腰も2001年がんのため逝去)

ウィキペディアより

Return to Cast List