×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


<< おくさまは18歳 出演者情報 >>

Return to Cast List

石立鉄男

高木哲也

北辰学園の歴史教師で飛鳥の夫。 歴史クラブの部長をしている。 学園では女性徒や学園職員に大人気でいつでもつきまとわれる。 しかも、学園長との約束で飛鳥と結婚していることを秘密にしているため、周りは独身だと思っているから色々な騒動や事件が巻き起こる。 家では生徒や他の先生などが訪ねてくる為、隣のおばさまには飛鳥を妹だと紹介した。 おばさまも独身だと思っている哲也にお見合い写真を持ってきて勧める始末。


石立鉄男さんの出世作がこのドラマであることは皆さんご存じですね! このドラマの後、「石立ドラマ」が生まれ、個性的なセリフ回しで人気を得ました。 この時代に稼いだお金はすべて使い切ってしまったそうです。 

(いしだて てつお、1942年7月31日 -2007年6月1日 )俳優。神奈川県横須賀市出身。私立三浦学苑三浦高等学校卒業。アクターズプロモーションに所属していた。本名は同じ。


俳優座養成所第13期生、文学座座員を経て、テレビドラマ『おくさまは18歳』の主演で大ブレイクを果たす。1970年代を中心に、アフロヘアー(1970年頃になって髪を伸ばしてゆるいパーマをかけていたが、数年後にアフロヘアーになった)に独特の声・言い回しで人気を博し、『雑居時代』、『水もれ甲介』『気まぐれ天使』など主演作多数。特に日本テレビ系『パパと呼ばないで』における杉田かおるの「パパ」役の特徴的な台詞「おい、チー坊」などは、竹中直人や柳沢慎吾の物真似のネタにされて有名になった。
『赤いシリーズ』、『噂の刑事トミーとマツ』、『スチュワーデス物語』、『少女に何が起ったか』など大映テレビ制作ドラマの常連俳優でもあった。人生のペーソスを感じさせる軽妙さとシリアスさを兼ね備えた幅広い演技力をもつ実力派の大物俳優であるが、副業のドッグブリーダーとしても有名であった。
1968年に女優の吉村実子と結婚したが、約25年間の別居生活を経て1998年に離婚。離婚会見では「子供の顔が分からない」と発言した。
将棋の腕前もなかなかのもので、NHKの将棋対局などに出演したことがある。また、宮田利男を初めとするプロ棋士達と、プライベートでも交流があった。
2007年6月1日、急性動脈瘤で静岡県熱海市にて死去した。石立は1999年頃から熱海に移り住み、市内で麻雀店を経営していた。亡くなる3週間前の5月13日に『ウラネタ芸能ワイド 週刊えみぃSHOW』(読売テレビ、関西ローカル)の「あこがれのあの人 数珠つなぎ」コーナーに出演したのが最後の仕事だった。自身の人生を振り返り「全盛期には5億から10億ぐらい稼いだのに、全部バクチで使い切った。」と豪快なエピソードを明かしていた。俳優としては2007年2月公開の映画『キャプテントキオ』の出演が遺作となった。
葬儀・告別式は6月3日に熱海市内の寺で営まれた。当初は親族のみで執り行われる予定だったが、前日の6月2日に営まれた通夜には数多くの大映テレビ制作のドラマで共演した宇津井健が弔問に訪れ、告別式には俳優座の先輩である大山のぶ代・砂川啓介夫妻や勝呂誉ら芸能関係者が弔問に訪れた。戒名は「爽照院朗峰鉄心居士(そうしょういんろうほうてっしんごし)」。


主な出演映画

仇討 - 1964年
血とダイヤモンド - 1964年 宝塚映画
ぜったい多数 - 1965年 松竹
城取り - 1965年 石原プロ
殺人者 - 1966年 松竹
恋する年ごろ - 1966年 松竹
さそり - 1967年 松竹
愛の渇き - 1967年 日活
智恵子抄 - 1967年
父子草 - 1967年
恋をしようよ カリブの花 - 1967年 松竹
ミニミニ突撃隊 - 1967年
若者たち - 1968年
天使の誘惑 - 1968年
ひとりっ子 - 1969年
橋のない川 - 1969年
若者はゆく 続若者たち - 1969年
こちら55号応答せよ!危機百発 - 1970年 松竹
俺は眠たかった!! - 1970年 松竹・浅井企画
君が若者なら - 1970年
若者の旗 - 1970年
おくさまは18歳 新婚教室 - 1971年
愛ふたたび - 1971年
涙のあとから微笑みが - 1974年 松竹
ピンク・レディーの活動大写真 - 1978年
そろばんずく - 1986年
ドン松五郎の大冒険 - 1987年
激動の1750日 - 1990年 東映
あんこう(V) - 1991年
蔵 - 1995年
はるか 素顔の19歳 - 1995年 共和映画
キタの帝王 闇の法廷伝説(V) - 1996年
風の中のスクラム - 1996年
すばらしき臨終 - 1997年
殺し屋PAZUZU(V) - 2000年
極道の妻たち/リベンジ - 2000年
私の骨〜MY BLOOD BONE - 2001年(友情出演)
紅姉妹 - 2002年(友情出演)
ムーンライト・ジェリーフィッシュ - 2004年
Break Out! - 2005年
キャプテントキオ - 2006年


主なテレビドラマ

駅 - 1965年
見合い恋愛 - 1969年
おくさまは18歳 - 1970年
夜明けの刑事 - 1974年
赤い激流 - 1977年
赤い絆 - 1977年
土曜ワイド劇場 最後の賭け - 1977年
赤い激突 - 1978年
噂の刑事トミーとマツ - 1979年
鉄道公安官 - 1979年
土曜ワイド劇場 三毛猫ホームズシリーズ - 1979年〜1984年
赤い死線 - 1980年
秘密のデカちゃん - 1981年
六月の危険な花嫁 - 1982年
天まであがれ! - 1981年
天まであがれ!2 - 1982年
スチュワーデス物語 - 1983年10月〜1984年3月
ザ・サスペンス 戦後最大の殺人鬼 勝田清孝に間違えられた男 - 1984年
少女に何が起ったか - 1985年
婦警候補生物語 - 1985年
パパ合格、ママは失格 - 1986年
土曜ワイド劇場 人妻の背徳日記殺人事件 - 1986年
おんな風林火山 - 1986年
火曜サスペンス劇場 6月の花嫁シリーズ ペイパー・ハネムーン - 1987年
土曜ワイド劇場 桜島1000キロ殺人空路 - 1990年
火曜ミステリー劇場 横溝正史傑作サスペンス 女王蜂 - 1990年
火曜サスペンス劇場 小京都ミステリー2・飛騨高山殺人事件 - 1990年7月
名奉行 遠山の金さん - 1991年、沢庵役
六つの離婚サスペンス - 1992年2月
秋の特選サスペンス『九月のミンク』 - 1992年9月
パパと呼べないの! − 1993年
大忠臣蔵 − 1994年
八代将軍吉宗 − 1995年
FiVE - 1997年
金曜エンタテイメント 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車シリーズ8 燃える棺 - 1997年
月曜ドラマスペシャル 新宿ホスト殺人事件 - 1998年
テレビ東京新春12時間超ワイドドラマ・赤穂浪士 - 1999年1月
火曜サスペンス劇場 小京都ミステリー28 長崎ビードロ殺人事件 - 2000年
月曜ミステリー劇場 万引きGメン・二階堂雪7 逃亡』 − 2001年
金曜エンタテイメント 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車シリーズ15 偽りの葬儀 − 2002年
金曜エンタテイメント ハマの静香は事件がお好き1 − 2003年
女と愛とミステリー 西村京太郎スペシャル 亀井刑事・十津川警部トラベルサスペンス 日本一周“旅号”殺人事件 − 2003年
土曜ワイド劇場 温泉若おかみの殺人推理13 − 2003年
土曜ワイド劇場 法医学教室の事件ファイル19 − 2004年
ミステリー民俗学者 八雲樹 − 2004年、富苗源次 役
忠臣蔵 − 2004年
月曜ミステリー劇場 西村京太郎サスペンス・十津川警部シリーズ35 金沢加賀殺意の旅 - 2005年
水戸黄門 - 2005・2006年、ゲスト出演
水曜ミステリー9 ゆけむりドクター・華岡万里子の温泉事件簿 - 2005年
新・桃太郎侍 - 2006年 第5話
土曜ワイド劇場 癒しの事件簿〜藤井若葉の犯罪被害者相談室〜 - 2007年3月31日


「石立ドラマ」

日本テレビ制作のドラマのうち、メインライターを松木ひろしが、音楽を大野雄二が担当する、水曜もしくは日曜夜8時に放映されたホームコメディドラマ。
第6弾となる『おふくろさん』以外はユニオン映画も制作に係わっている。

おひかえあそばせ−1971年
気になる嫁さん−1971年
パパと呼ばないで−1972年
雑居時代−1973年
水もれ甲介−1975年
おふくろさん−1975年(この作品のみビデオ作品)
気まぐれ天使−1976年
気まぐれ本格派−1977年


ウィキペディアより

Return to Cast List