×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


<< おくさまは18歳 出演者情報 >>

Return to Cast List

松坂慶子

松木エミ

理事長の姪で突然北辰学園に転校してきた。 特売となっていた飛鳥の気に入った服が定価で買うという先約に取られてしまった。 それを買った人こそ松木エミだったのである。 そして哲也のことをもやし頭と汚されそれ以来飛鳥とエミは張り合う仲に。 その服を賭けテニスで勝負する二人。 結果は飛鳥の勝ちだったがその後エミが高木哲也を奪い取ることを宣言する。


現在も活躍中の松坂さん、当時はかわいいというイメージの飛鳥に対しきれいという感じでしたね。 ちょっと大人っぽいイメージでした。

(まつざか けいこ、1952年7月20日-)女優。東京都大田区出身。本名は、高内慶子。日本大学第二高等学校中退。父親が韓国系日本人。母親は日本人。帰化済み。身長162cm。


1960年代の少女時代からテレビドラマに出演していたが、1970年、大映で本格的に映画デビュー。1972年に松竹へ移る。若手美人女優として映画やテレビドラマで活躍。
1979年には東京放送製作のドラマシリーズ「木曜座・水中花」(原作・五木寛之)では、自らテーマソング「愛の水中花」を歌うとともにバニーガールの衣装に挑戦し、セクシー女優としての地位を固めたことで一躍ブレイクする。その後、数々の映画やテレビドラマに出演し、1980年代には日本を代表する女優として不動の地位を確立した。松坂主演作品を多く手がけた映画監督の深作欣二との関係を取りざたされたこともあった。
1991年、年下でほとんど無名のジャズギタリストの高内春彦と結婚し、一時期米国に移住。結婚に反対する父親が連日ワイドショーに出演して話題となった。
騒動が収束して以降は、再びトップ女優として活躍を続けている。2000年には「東京電話」のCMで大根を持った主婦をコミカルに演じて新たなイメージを開拓した。最近も、2005年秋にテレビ朝日で放送されたドラマ「熟年離婚」に主演し、渡哲也が演じる夫に離婚を切り出し自分の人生を新たに切り開く主婦役を好演した。最近の連続ドラマでは、おっとりした母親・妻役を演じる事が多い。2002年にはヘアヌード写真集「さくら伝説」(なかにし礼監修)をヒットさせている。
2005年12月に日本テレビで放送された特番「ウリナリ芸能人社交ダンス部」ではダイナミックに動きキレのある社交ダンスを披露し、初出場ながら優勝するなど、年齢を感じさせない美貌と体力を保っている。松坂は大塚食品が2005年8月29日に発売した「ボンカレークラシック」で、松山容子に代わり外箱のキャラクターを務める。ボンカレーのキャラクターの変更は37年ぶりである。
2006年7月に髪を金髪に染めた。
落語家の快楽亭ブラックは中学時代の同級生。共に、演劇部に所属していた。


主な出演映画

夜の診察室(1971年)
事件(1978年)
配達されない三通の手紙(1979年)
わるいやつら(1980年)
青春の門(1981年)
男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎(1981年)
蒲田行進曲(1982年)
迷走地図(1983年)
里見八犬伝(1983年 伏姫の声)
必殺!III 裏か表か(1986年)
椿姫(1988年)
死の棘(1990年)
男はつらいよ 寅次郎の縁談(1993年)
新・居酒屋ゆうれい(1996年)
カンゾー先生(1998年)
卓球温泉(1998年)
さくや妖怪伝(2000年)
かたくり家の幸福(2002年 片栗照江役)
精霊流し(2003年)
桃色(香港,2005年)
四日間の奇蹟(2005年)
不撓不屈(2006年)
犬神家の一族(2006年)


主なテレビドラマ

ウルトラセブン(1968年・TBS)第31話「悪魔の住む花」香織
忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ(1967年・NET)
おくさまは18歳(1970年-1971年・TBS)
なんてったって18歳!(1971年-1972年・TBS)
若い人(1972年・NHK銀河テレビ小説)
国盗り物語(1973年・NHK大河ドラマ)
江戸を斬る第1部〜第6部(1973年-1981年・TBS)
水戸黄門(TBS・C.A.L.)
第7部 第20話「暴れ姫君・会津」夕姫役
第13部 第12話「伊勢参り・娘初春七変化・伊勢」 お京役
第14部 第2話「悪を斬る! 白狐の剣・郡山」 おその役
元禄太平記(1975年・NHK大河ドラマ)
草燃える(1979年・NHK大河ドラマ)
水中花(1979年・TBS 木曜座)
春の波涛(1985年・NHK大河ドラマ)
魔の季節(1995年・TBS)
女にも七人の敵(1996年・NHKドラマ)
毛利元就(1997年・NHK大河ドラマ)
怒る男・笑う女(1999年・NHK)
夏の日の恋(2002年・NHK)
太陽の季節(2002年・TBS)
麻婆豆腐の女房(2003年・NHK)
乱歩R(2004年・日本テレビ・よみうりテレビ)
プライド(2004年・フジテレビ)
人間の証明(2004年・フジテレビ)
マザー&ラヴァー(2004年・フジテレビ・関西テレビ)
弟(2004年・テレビ朝日)
義経(2005年・NHK大河ドラマ)
熟年離婚(2005年・テレビ朝日)
忠臣蔵 瑤泉院の陰謀 (2007年、テレビ東京・テレビ大阪)
マグロ(2007年1月4日&5日・テレビ朝日)坂崎操 役
エラいところに嫁いでしまった!(2007年・テレビ朝日)


主な出演バラエティ番組・音楽番組

オールスター・社交ダンス選手権(2005年・日本テレビ 優勝)
シャル・ウィ・ダンス? (2006年 日本テレビ 司会)
※前述の番組の反響を受けてのレギュラー化。松坂はバラエティー番組初のレギュラー出演


レコード・CD

愛の水中花(1979年)
まごころよりどころ(2002年)


主な出演コマーシャル

メナード化粧品
日清食品・日清のラーメン屋さん
東京電話(ユースケ・サンタマリア等と共演)
ユートク薬品・パスタイム
日産自動車・サニー(B11型・1981年〜1985年)
ロート製薬・新・Vロート
クリネックス(1986年頃、呪いのCMと言われ都市伝説になったCM)
大塚食品・ボンカレー(パッケージデザインにもなっている)
ANA 「マッタリ〜ナ→ホッコリ〜ナ→OKINAWA あの人も行っている」(2006年)
『松坂さん篇』 速水もこみちと共演。
『あの人も行っている篇』 速水もこみち、石塚英彦らと共演。


受賞歴

1981年、『青春の門』で、日本アカデミー賞主演女優賞受賞、ブルーリボン賞主演女優賞、報知映画賞主演女優賞を受賞。
1982年、『蒲田行進曲』で、日本アカデミー賞主演女優賞受賞、キネマ旬報主演女優賞、 毎日映画コンクール主演女優賞を受賞。
1991年、『死の棘』で日本アカデミー賞主演女優賞。


ウィキペディアより

Return to Cast List