×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


<< おくさまは18歳 出演者情報 >>

Return to Cast List

中山千夏

早川鮎子

草津から哲也の婚約者だと名乗り高木家に来た。 話を聞くと哲也が学生時代に草津のスキー場で、ケガをした哲也を当時中学生だった鮎子が介抱してくれてたようだ。 その時に結婚の約束をした二人だったが哲也は子供扱いしていたようだ。


中山千夏さんは他の人とはどこか違うものを持っているというイメージを感じます。(第39話に出演)

(なかやま ちなつ、1948年7月13日 - )は、作家。元俳優、テレビタレント、歌手、声優、元参議院議員。 50年におよぶ芸歴と、その多彩な活動は要約が困難。詳細な作品リストが、当人も一目おくファンサイト「チナチスト」にある。


1948年、熊本生まれ。小学5年生の時、東京、芸術座での『がめつい奴』に出演、一躍「名子役」として脚光を浴びる。以来、女優として舞台、テレビ、ラジオで活躍。成人すると共に活動分野が広がり、テレビタレント、歌手として、また数多くのエッセイや小説の作家として、多くのファンを得た。 さらに70年代、時の女性解放運動(ウーマン・リブ)に参画した後、反差別・反戦などの市民運動に取り組み、1980年には参議院選挙に出馬して当選、一期を務めた。 その後は著作活動に専念するかたわら、人権や反戦の市民運動を続けている。

俳優
小学1年生の時、当時居住していた大阪で、初めてできた児童劇団「劇団ともだち劇場」に入り、3年間学ぶ。その傍らラジオ、映画、またその間に開始した民放テレビに出演。小学5年生の時、大阪コマ劇場「母」(川口松太郎作・演出)に出演しているのを目に留めた菊田一夫が、東京、芸術座での『がめつい奴』に抜擢、その演技を高く評価され、「名子役」として一躍、脚光を浴びた。 以後、東宝演劇部の専属俳優として、舞台に出続けるかたわら、テレビやラジオでも活動した。主演テレビドラマでは、子役時代の『虹の国から』(TBS制作)、成人後の『お荷物小荷物』(ABC制作)などがある。

テレビタレント
1967年、東宝との契約を解消してフリーに。同時に主たる活動の場をテレビに移した。1968〜1976年までの8年間、日本テレビ『お昼のワイドショー』の司会を務め、アシスタントながら、自己の主張や個性を惜しげもなく表に現す司会ぶりは好評を得た。同時にテレビドラマに主演し、歌手としてもヒットを飛ばし、雑誌にエッセイを連載し、単行本を次々と出版。芸能界でも「この道一筋」が一般的だった時代に、その多彩な活動は目立ち、マルチタレント、才女、などと呼ばれ、庶民から知識層までの注目を集めた。
しかし、テレビメディアに疑問を持ち、70年代半ばから意識的に徐々に撤退。国会議員を辞めてからは、その姿をテレビで見ることはほとんど皆無になっていたが、「おんな組いのち」の活動の一環として2005年1月に開始したトーク番組「痛快!おんな組」(朝日ニュースター)にはレギュラー出演している。

歌手
デビュー前、小学1年生の時、大阪で開かれた毎日音楽コンクールに出場し、「ないしょばなし」を歌って優勝。子役の時には、ドラマの主題歌や副主題歌を歌い、なかにはSPで出版されたものもある。
高校時代、NHKの人形劇「ひょっこりひょうたん島」では多くの挿入歌を歌い、その作曲家・宇野誠一郎の指導を得て、ボイストレーニングを受けた。当時は主としてNHKで子ども番組の主題歌、「みんなのうた」などで活躍し、舞台でもいくつかの東宝ミュージカルに出演した。 だが歌手としての本格的なデビューは、1964年9月に発表されたポップス「あなたの心に」(自作詞・作曲:都倉俊一)。当年度レコード大賞新人賞にノミネートされるほどのヒットとなった。この曲はのちに、以下のように多くのカバーを生んだ。
1994年:相馬裕子がシングル『恋なんてしたくない』のカップリングとしてカバー
2001年:辛島美登里がアルバム『Eternal-One』でカバー
2002年:林原めぐみがTVアニメ『アベノ橋魔法☆商店街』のエンディングテーマとしてカバー
同年:メロン記念日と石井リカがアルバム『FOLK SONGS 2』でカバー
2003年:岩崎宏美がシングル曲としてカバー
2005年:石川ひとみがアルバム『With みんなの一五一会〜フォークソング編』でカバー
なお、テレビ番組の主題歌としては、NHKの学校生活指導・道徳番組「明るいなかま」(1962〜1986)、フジテレビの永井豪原作アニメ「ドロロンえん魔くん」(1973〜1974、オープニング・エンディングとも。作詞も本人)が有名である。
以後も多くの作品を残しているが、大きなヒットはない。ライブ活動に不熱心だったが、かえって、年をとってから、集会や知人のコンサートなどで歌うことが多くなっている。

声優
1960年代に放送されたNHK総合テレビ『ひょっこりひょうたん島』の博士役が声優としての初仕事。番組自体の人気とあいまって、好評を得た。1981年に公開された映画及び1982〜1984年に放送(その後1991年に関西ローカルで続編放送)された毎日放送『じゃりン子チエ』ではヒロインの竹本チエ役の声を担当。漫才の西川のりお(竹本テツ役)との名コンビで人気を博した。また、1972〜1982年の10年間に渡って放送されたドキュメンタリー番組『驚異の世界・ノンフィクションアワー』(日本テレビ)でもナレーターを担当した。
1970年代、世界を席巻した女性解放運動(ウーマン・リブ)に参画、「新宿ホーキ星」グループの運営に関与、解散まで数年間活動する。1977年、芸術家や知識人からなる政治団体・革新自由連合の結成に参加し、代表の一人となる。

社会活動
1980年6月22日の第12回参議院選挙に全国区から出馬して当選し、美濃部亮吉・山田耕三郎とともに院内会派「一の会」を結成、一期を務めた。しかし、1983年6月26日の第13回参議院選挙で全国区が廃止され政党を基盤とする比例代表制に移行したことから、改選となる1986年7月6日の第14回参議院選挙には無所属で東京選挙区から出馬するが次点で落選。その時の公約どおり、以後出馬することなく、一市民としての社会活動に徹している。政党としては社会民主党、政治家としては福島瑞穂、辻元清美、浅野史郎らを支持・支援している。
現在は、2004年に結成した「おんな組いのち」を拠点に、反戦、反DV、死刑廃止論の主張を展開。『母の友』『週刊金曜日』などに連載を持っている。

著作
1970年ごろ出した、童話『よそのそよ』が最初の出版物。2006年現在までに、約70点近くを出版している。
『週刊文春』の企画グラビア「天下の大物」(1969〜1971年)に連載した短文を高く評価されて以来、本格的に著作活動を行うようになった。70年代半ばには小説も書き始め、『子役の時間』(処女作)ほかで3度直木賞にノミネートされた。同作は、後年、数カ国語に翻訳され、英国では、インディペンデント紙の月間最優秀海外フィクション賞を受賞している。
人権を子ども向けに説いた『妹たちへの手紙』や、女性を扱った『からだノート』は、多くの読者を得てロングセラーとなった。
また2004年には絵本にも手を染め、その一冊『どんなかんじかなあ』(絵・和田誠)は当年度の日本絵本賞を受賞した。
なお、自著エッセイの挿絵はすべて自分で描いてきているが、05年、初の描きおろし個展を開催、その作品をピクチャーブック『いろどり古事記』として出版した。
また2006年6月に出版したノンフィクション『妖精の詩』は、同年度「ボップ・カルチャー・アワード[1]」出版部門のベスト1作品に選出された。

趣味
43歳にして始めたスクーバダイビングと、53歳にして始めたパソコンにハマっている。
ダイビングは2006年現在、660本を越すベテランで、冬場でも最低月1日は伊豆の海に潜ることが続いているという。
パソコンでは、元来のゲーム好きから、近年、オンラインゲームに熱中するところとなり、「オンラインゲームにハマっている著名人」として少々知られるようになった。2006年、ゲーム上でおきたある事件をきっかけにブログを立ち上げ、主にブログの内容を中心にしながらも、ネットで体験した恋愛を赤裸々に綴った『妖精の詩』(ブログと同タイトル)を発刊した。


中山千夏【チナチスト】

ウィキペディアより

Return to Cast List