×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ラブラブライバルタイトルロゴ 虎ノ門・歩道橋
放映日1973-11-20 サブタイトルお嫁に行きたい 放映話数第8回
監督帯盛迪彦 脚本ながのひろし ゲスト
挿入歌白い船で行きたいな 協力全国旅行業協会 その他アイ.マリオ
STORY

教会の前をさしかかったしずかは、そこで式を挙げるカップルを見た。 また、会社へ帰る途中でも式を終えた新婚カップルの車を目撃する。 それを微笑ましく思うしずかが会社へ戻ると、高校の同級生ノンコが訪ねてきた。 どうやら同級生では第1号として結婚するらしい。 と思ったら、既に大勢の同級生が結婚していることを知る。 ショックを受けるしずか。 しかも、ノンコの婚約者を紹介されそのアツアツ振りをあてつけられる。 だが、そのハネムーンプランの依頼を受けたしずかは自宅での色々なプランを模索する。 すると、そこへ妹のつぼみがやって来た。 しずかを上手く乗せてお小遣いをせしめる事に成功したつぼみは、とっとと帰っていった。 翌日、喫茶店でノンコにハワイ旅行のプランを説明するしずか。 その帰り道で、新しいガールフレンドと箱根にドライブに行くという南と出会い、さらに、女性とアベックで歩いている神田を見かける。 物陰から、その様子を伺うしずかは「神田さんも結婚するんだ...」とガッカリ。 何だか元気のないしずかを心配する洋一は声をかけるが、結局ケンカになってしまう。 気持ちを入れ替え、翌日から元気に会社へ行くしずかは、その途中であの女性と共にいる神田と出会う。 話を聞くと女性は神田の妹で神田の後輩と妹が結婚するのだという。 誤解の解けたしずかは一安心? しずかと神田の様子から妹は兄にしずかを勧めようとするが... その後、今度は南と出会いドライブに誘った女性とは別れたことを聞く。 南はしずか一筋で行くと... そして会社の近くで洋一と出会い、仲直りしようと言うが、直後に仲人マニアの出雲のおば様が現れ逃げる去る洋一... しずかは「適当なところでお嫁に行った方がいいのかな!?」と...

CAST

岡崎友紀 楠トシエ 時本和也 内田喜郎 夏夕介 姫ゆり子 ホーン・ユキ 宮前ゆかり 日吉としやす 青島美幸 二丁千太 鍋谷幸喜 浅井鉄夫 本阿弥周子 志摩みづえ 冨士真奈美

COMMENT

しずかの高校の同級生、もう結婚している人が多いようですが、その方々のお名前は赤坂さん、一ツ木さん、麻布さん、飯倉さんだそうです。 この辺りの地名がそのまま名前になっていますが、撮影ロケ地もこの辺りが多かったんでしょうね! 当時の新婚旅行は宮崎に行く人が多かったんですね! しずかがそう言ってました。

Location Site Information

教会

場所不明

スミレトラベル周辺

霞ヶ関周辺

高校の同級生ノンコと入った喫茶店

不明(新赤坂国際ビル内?)

原宿周辺

原宿周辺

南や神田と出会った場所

表参道周辺

2004年4月撮影

虎ノ門から溜池方面に向けたアングルです。 ちょうど特許庁の前辺りです。 左の写真中央の緑色の看板のビルはフォークリフトで有名なコマツです。 この看板になる前はブルトーザーの模型看板でした。

2004年4月撮影

撮影場所は上の写真とほぼ同じで虎ノ門・新橋方面にカメラを向けて撮影しました。 この先に霞が関ビルや虎ノ門三井ビルがあります。

2004年4月撮影

原宿駅前の神宮橋交差点そばです。 この道は表参道で、いつも人で溢れかえっています。 建物がどんどん変わっていく中、背景の建物だけが唯一当時と変わっていないようです。

2004年4月撮影

原宿駅前の神宮橋交差点の歩道橋です。 バックは上の写真の建物で、やっぱり変わっていませんね!

2004年4月撮影

霞が関にある特許庁の前で写真右側に新しい特許庁の建物があります。 正面のビルは当時と変わっていません。 この建物の前の道を(写真)右手に行くと国会議事堂の裏手に出ます。

2004年4月撮影

ここも特許庁の前です。 写真右奥に見えるのが虎ノ門三井ビルです。

2004年4月撮影

二つ上の写真と同じビルです。 ビル内のテナントはもちろん変わっていますし、看板もなくなっています。