×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ラブラブライバルタイトルロゴ 虎ノ門・歩道橋
放映日1974-1-8 サブタイトルモーレツ社員がやってきた 放映話数第15回
監督帯盛迪彦 脚本ながのひろし ゲスト
挿入歌- 協力全国旅行業協会 その他歌舞伎座
STORY

始業前の会社ではゆかりがグリーンのカウスボタンをつけていた洋一にベタついていた。 それを横目で見て嫉妬するハチゴロウ... そこへ、今までは遅刻の常習犯のしずかが、今年から心を入れ替え早起きし出社してきた。 続いて社長も出社。 これで全員かと思いきや、13年と3ヶ月、無遅刻・無欠勤の小沢武子がまだ出社していない。 その頃、小沢は歌舞伎座でお見合いデートをしていた。 会社からお使いに出たしずかは途中の公園で南と遭遇、ちょうどそこへ妹につぼみが現れいつものように南のことを頼んで先に行く。 つぼみは南を追っ払おうとするが「この世でボクちゃんくらいにぎやかちゃんを愛している男性はいないんだぞ!」と開き直る南に感心する。 また、神田の家では神田の妹が神田に「結婚する意志があるの?!」と発破をはける。 上手く乗せられた神田は「しずかにプロポーズする」と... 一方、立花会館に行った北山の帰りが遅いと心配する社長は、西条を立花会館に行かせる。 立花会館に到着した西条は、そこで着物姿の小沢を発見。 どうやら男性といるようだが顔は見えない。 物陰から様子をう覗う西条。 すると小沢は相手の男性を「ヨウイチさん」と呼んでいる。 しかも、グリーンのカウスボタンが見えた。 すっかり北山洋一だと信じ込んだ西条は会社に戻る。 その頃、しずかは街でつぼみと出会いあんみつ屋へ。 つぼみは南と結婚するように薦めるが、当然しずかはお断り。 するとつぼみが「アネキはズルイ! 南君は迷惑だといいながら、ケッコウ楽しくやってるし、神田さんや北山さんにもいい顔して、みんなに好きになってもらおうなんてズルイ!」と... その言葉が身にしみたしずかが帰り道に公園で仁王立ちする神田と出会う。 どうやら神田はしずかにプロポーズをしようと思っているらしい。 それを言おうとした時、先にしずかが「洋ちゃんも神田さんも好きなんです。 特に神田さんは大好きです。 まるでお兄さんみたいで」と。 ガッカリする神田だが「ボクもにぎやかちゃんを妹のように...」といってしまう。 会社では洋一が小沢オールドの手を握っていたとの事で大騒ぎ。 全く信用しない社長とゆかり。 そこへしずかが帰社し、「北山が今日、どんなカウスボタンをしていたか」と聞かれる。 それを正確に答えるしずか。 実はこのカウスボタン、しずかが洋一にプレゼントしたものだった。 信用せざるを得なくなり沈み込む女性陣。 そこへ小沢が現れ、ヨウイチさんと結婚するので会社を辞めると言う。 ヨウイチを呼ぶ小沢、そこへ入って来たのは北山洋一だったが「あんたみたいな青二才はお呼びでない」と振り払い、その後に紳士が現れた。 その人こそ小沢のフィアンセ東洋一であった。 しかも北山とそっくりなカウスボタンをつけていた。 ハチゴロウはそれで勘違いをしたのだった。 小沢は13年と4ヶ月と22日分の退職金をたんまり貰うと言って寿退社。 しずかは洋一に「ごめんね、同じカウスボタンなんて不愉快でしょ...」と。 すると洋一は「にぎやかちゃんがボクにプレゼントしてくれたこのカウスボタンは世界中にこの一組しかないんだ」と言ってくれる。 何だかいいムードの二人。 それを近くから見ていたのはつぼみと南。 ガッカリする南は絶望的。 そしてあくる日... 会社に「子連れのお勝」こと戸川勝子が現れる。 社長からの依頼で専務取締役として今日、スミレトラベルに入社。

CAST

岡崎友紀 冨士真奈美 時本和也 内田喜郎 十勝花子 夏夕介 姫ゆり子 ホーン・ユキ 伊藤光一 岡崎夏子 上野紗千子 美野夕子 赤井夕香子 浜田光夫

COMMENT

この回で小沢さんは退社、代わりに『なんたって18歳!』でお馴染みの「三ヶ月も先輩」の子連れのお勝こと戸川勝子(十勝花子さん)登場。 また1月8日の放送ともあり友紀さんの着物姿もちょとだけ見れます。

Location Site Information

スミレトラベル

虎ノ門三井ビル・霞ヶ関周辺

歌舞伎座

歌舞伎座 東京都中央区銀4丁目12番15号

公園

一ツ木公園 港区赤坂5丁目5

神田のアパート

不明

立花会館

不明

つぼみと入ったあんみつ店

不明

しずかが洋一にカウスボタンを買ってあげたお店

不明

2004年4月撮影

一ツ木公園です。 住所は港区赤坂5丁目5でTBSの裏手に位置します。

2004年4月撮影

ここも一ツ木公園ですが、当時はもっと広かったこの公園、もしかすると撮影アングルが違うかも...

2002年4月撮影

お馴染み霞ヶ関のスミレトラベル(虎ノ門三井ビル)前の歩道橋です。