×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ママはライバル タイトルロゴ 白楊学園
放映日1972-10-18 サブタイトルママと呼ばされた 放映話数第3回
監督岡屋竜一 脚本佐々木守 ゲスト
挿入歌 協力 その他
STORY

今月のお小遣いを使ってしまい、パパにねだるツバサだが、お金のことはマリに任せてあるのでママから貰いなさいと言われてしまう。 ママなんて死んでもいえないツバサはマリの財布から1000円を盗み取ろうとしたところをマリに見つかってしまった。 マリからは「ママ」と呼んだらあげてもいいと言うが... 背に腹は変えられず、仕方なく「ママ」と呼ぶことに。 学校で吉沢先生と会ったツバサは何とかパパとくっつけようとパパの話を持ちかけているところへマリが現れ、そんな話は聞いたことがないとあっさり。 ツバサは吉沢先生を怒らせてしまった。 ボーイフレンドの健はマリに冷たくあたる態度がいやだと言い、ツバサにそんなイヤな女になってほしくないと... そんな健は海にデートに行こうと誘う。 港や銀座に行ってデートを楽しむ二人だが、その途中で強盗犯とぶつかり間違って警察に捕まってしまう。 誤解は解けたが、それぞれ身元引受人が必要だと言われてしまう。 健にはお姉さんが来ることになったが ツバサの場合はパパがフライト中で不在。 ママと認めたくないツバサはマリのことを黙っていたが、健から連絡を受けたマリがママとして迎えに来ることになった。 警察でツバサとあったマリは「ママ」と呼んだら一緒に帰ってあげると。 ツバサはここでも仕方なく「ママ」と呼ばされてしまった。

CAST

岡崎友紀、高橋悦史、純アリス、名古屋章、夏夕介、鳥塚しげき、紅理子、二宮さよ子、中川三穂子、夏木章、大池育子、大塚弘子、深沢祐子、上野紗千子、冨士真奈美、渥美マリ

COMMENT

マリを追い出すため色々と企むツバサだが、それが建たちの目にはマリへの嫌がらせのように見えてしまう。 その結果はいつも裏目。 ほとんどの生徒がマリに同情することになる。 ちょっとはツバサの気持ちも分かってあげてほしいですね!

Location Site Information

早乙女家

東京・世田谷区成城

白楊学園

戸板女子短期大学

健とデートした港

不明

銀座

銀座ワコー前

警察署

場所不明

Now Printing