×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なんたって18歳! タイトルロゴ
放映日1972-2-22 サブタイトル大魔術なのだ 放映話数第21回
監督岡屋竜一 脚本長野洋 ゲスト
挿入歌 協力 その他熱海後楽園ホテル
STORY

はるかと島田は一泊の予定で熱海へ行くことになった。 ところがその仕事振りを視察するため所長も同行するというのだ。 熱海に着いたはるかは釣堀で奇術師の「宮沢天丼」と出会う。 また、ボウリングをしている時に自分と似た境遇の奇術師の少女「宮沢玉丼」と出会う。 夜に開催される「大マジックショー」に出る人たちである。 夜、ホテルスタッフとの席で、大竹所長が運命的出会いをする。 天丼と所長は小隊長と当番兵の仲であった。 はるかは、玉丼のことが気になりショーの楽屋へ。 そこへ島田が酔っ払って入ってきたため、思わず手品の道具の箱の中へ隠れたのだが、これが舞台に出されてしまい、さらに酔っ払った島田まで舞台に。 お詫びにとショーのお手伝いをお願いするまどかだが、ショーは大混乱!

CAST

岡崎友紀、十勝花子、宮田洋容、布地由起江、瞳ちえ、北川洋一郎、(奇術指導 林敏夫)、藤村有弘


COMMENT

所長の大竹さん! 出ましたね!「オー!ワンダフル!ビューティフル!」 まどかの専売特許!ブラウン管を通して語りかけるパターン...何で所長も? 大竹当番兵は「最低最悪の当番兵!」だったんですね! 島田さんの迷台詞?「女一匹、花の観光バスガイド」?何ですか?これは?

Location Site Information

熱海後楽園ホテル

熱海後楽園ホテル
静岡県熱海市和田浜南町10-1

Now Printing

準備中