×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なんたって18歳! タイトルロゴ
放映日1972-4-25 サブタイトルまどかの大冒険 放映話数第30回
監督湯浅憲明 脚本長野洋 ゲスト夏夕介
挿入歌 協力 その他
STORY

はるかが寮の部屋に戻ると川村多恵と小原鈴代が浮かれていた。 お客様とデートの約束をしたようだ。 するとそこへ島田が来てはるかに面会者が来たという。 行って見ると若くてハンサムな男性が街で見かけたはるかを気に入ってデートを申し込んできた。 もちろんOKするはるか。 翌日、多恵と鈴代、そしてはるかはそれぞれのデートの場所へ向かったのだが偶然にもその場所は3人とも横浜のドリームランドであった。 実は3人を誘ったのは木村シゲオという男で映画のアマチュアコンクールでグランプリを狙っているグループの一人。 木村は言葉巧みに、まずは多恵、次に鈴代とうまく立ち回り、影では他のメンバーが映画の隠し撮りをしている。 最後になったはるかは待たさた挙句にお腹もすいていた。 そこへ木村が現れたが少々イライラ状態のはるかは前の二人と同じようには行かなかった。 ペースを崩された木村は逆にはるかのペースにはまってしまう。 そこで木村はパターンを変えはるかに迫った。 ちょうどその頃、伶子と卓丸、そして島田が仕事でこのドリームランドに来ていた。 昼食を済ませた卓丸たちははるかを発見。 はるかに迫っている木村を見た卓丸が取っ組み合いのケンカに発展。 どうにか騒動は収拾したのだが、影で撮影していたカメラにフィルムを入れ忘れコンクールに出せなかった木村からお詫びの手紙が寮に届くのであった。

CAST

岡崎友紀、平泉征、十勝花子、夏夕介、松坂慶子、林マキ、泉洋子、小山いく子、田所陽子、穂高正信、本橋敏和、関良次、佐藤健二

COMMENT

今回の舞台は神奈川県横浜市戸塚区俣野町にあった横浜ドリームランドでしたが、残念なことにこの施設は2002年2月17日に閉園してしまいました。

Location Site Information

横浜ドリームランド

横浜ドリームランド (2002年2月17日に閉園)

女子寮

km自動車

Now Printing

準備中