×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なんたって18歳! タイトルロゴ
放映日1972-5-2 サブタイトルあこがれのポテトプリンス 放映話数第31回
監督岡屋竜一 脚本上岡由呼 ゲスト大石悟郎 吉田義夫
挿入歌 協力 その他
STORY

近道と思った道が工事中で通行止め、はるかはバスをバックさせるため誘導するが、その誘導を誤り焼き芋屋の屋台を壊してしまった。 商品の焼き芋を含め全額を弁償すると言ったもののお金を作ることができなかったはるかは翌日、待ち合わせの場所に謝りに行く。 ところが、そこにいたのは炭で真っ黒になっていたお兄さんとは全く別人のような素敵な青年。 この青年、名前は加藤マサキヨといい、はるかはお金を返せない代わりに焼き芋屋を手伝うことを約束し、毎晩手伝いに行く。 事情を知らない島田は、遅く帰ってくるはるかを怪しく思い寮の入口で待ち伏せ。 マサキヨに送ってきてもらったはるかを発見するが一緒にいたマサキヨを見て気に入ってしまう。 次の日、島田ははるかを病人にしたて寮にいるように言い、自分が手伝いに行く。 が全く売れない。 はるかから事情を聞いた他のバスガイドたちは全員でお手伝いをすることに。 屋台を綺麗に飾りつけ歌を歌いながら売り歩き、売り上げも上々。 そこへ同業の焼き芋屋が「商売上がったりだ」と因縁をつけて来た。 そしてケンカが始まりガイドたちも応戦。 焼き芋の投げ合い合戦が始まる。 そこへ卓丸が現れ逃げ出す焼き芋業者。 収まったと思ったその時、ひとりの老人が「おぼっちゃま!」と叫びながら走り寄って来た。 マサキヨはそれを見てどこかへ走り去ってしまった。 次の日、その老人が寮に訪ねてきた。 実はマサキヨは「マンマル・コンツェルンの若様」で、3ヶ月前に蒸発しやっと探し当てたのだという。 その頃、はるかとマサキヨは街を歩いていた。 マサキヨは女性の指輪を見立ててほしいという。 指輪を選びながらヘンな勘違いをするはるか... 聞いてみると恋人に上げるのだという。 しかもその恋人は焼き芋屋の娘だった。

CAST

岡崎友紀、平泉征、十勝花子、松坂慶子、泉洋子、林マキ、小山いく子、田所陽子、吉田義夫、田川恒夫、本田竜彦、井上博一、豊田紀雄、吉田潔、梶原譲二、原田康悦郎、春川ますみ、大石悟郎

COMMENT

壊れた屋台はすぐに修理されていました。 それとも他にも持っていたのでしょうか? ところで最近焼き芋と言えば軽トラックで売っているものがほとんどですよね! でも、やっぱり屋台の方が風情があっていいですね!

Location Site Information

焼き芋の屋台を壊した場所

不明

お金を返そうと行った橋

不明

加藤とはるかが一緒に歌を歌った公園

不明

焼き芋投げあい合戦をした公園

不明

はるかに指輪を見立ててほしいと入ったお店

御木本真珠店 中央区銀座?
現在のミキモト:東京都中央区築地1-8-9

Now Printing

準備中