×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なんたって18歳! タイトルロゴ
放映日1972-6-6 サブタイトルピリカメノコは恋の花 放映話数第36回
監督湯浅憲明 脚本長野洋 ゲスト寺内タケシとブルージーンズ 塩沢とき
挿入歌 協力 その他樽前ハイランドホテル
STORY

北海道に到着したはるか達はバスで北海道見物に。 所長代理兼指導主任の塩川は船酔いと二日酔いで絶不調。 そのころ皆川竜二は千歳空港に降り立っていた。 本社開発部長就任を機に樽前ハイランドの視察に来ていたのだ。  はるか達も見物を早めに切り上げ樽前ハイランドホテルへと向かう。 しかし、はるかも竜二もこの場所にそれぞれがいることを知らない。 竜二は部長挨拶後、施設を視察、はるか達も到着後施設を見て回っていた。 ニアミスもあったが気がつかない二人... プールサイドで演奏する寺内タケシとブルージーンズを見つけたはるか達は騒ぎまくり、そのうるささに今まで二日酔いを我慢していた塩川がダウン。 鬼のいぬ間にプールで泳ごうと全員揃ってプールへ。 するとそこへ竜二が現れ外へ逃げ出すはるか。 はるかはいつの間にかアイヌの村へ来ていた。 そしてアイヌの伝説ピリカメノコを語り始める... ホテルに戻ったはるははみんなで食事をしようとした時、またまた竜二が現れその場から逃げ出した。 翌日は支笏湖へ向かうガイドたち。 塩川も絶好調。 皆川もどういうわけか支笏湖へ向かう。 遊覧船乗り場に着いたはるか達一行、そこへ竜二が声をかけてきた。 またまた逃げ出すはるかは、隠れるため遊覧船に乗ってしまったが、その遊覧船ははるかを乗せたまま走り出してしまった...

CAST

岡崎友紀、平泉征、松坂慶子、林マキ、泉洋子、小山いく子、山田桂子、加藤和夫、田所陽子、寺内タケシとブルージーンズ、塩沢とき、浜田光夫、田崎潤

COMMENT

よく走るまどかも今回は少々オカンムリ! 「ドラマを書いている人に文句が言いたい」って言ってました。 ところで女性に全くモテない寺内さん! ズッコケ役の3枚目がピッタリです! 

Location Site Information

千歳空港

千歳空港

札幌市内

札幌市内

樽前ハイランド

樽前ハイランド

アイヌ村

アイヌ村

Now Printing

準備中