×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なんたって18歳! タイトルロゴ
放映日1972-9-12 サブタイトル南の島のローマンス 放映話数第50回
監督岡屋竜一 脚本長野洋 ゲスト高橋昌也 田辺一鶴
挿入歌恋愛時代 黄色い船 協力MSA航空 シンガポール・ヒルトン その他シンガポール
STORY

はるかと伶子はそれぞれ、竜二と卓丸のことで怒っているようだ。 実際は誤解なのだが... 竜二は出会った卓丸に声を掛けたが、元気がない様子。 観光案内研修に出たはるかと伶子は名所案内をする。 その途中で竜二が現れ、はるかに卓丸と伶子を仲直りさせたい言い出した。 そんなおせっかいはしなくてもいいと言うはるかだが、竜二に諭され、一肌脱ぐことにする。 その方法とは、竜二と伶子、はるかと卓丸のペアで、竜二は伶子に卓丸の悪口を言い、はるかは卓丸に伶子の悪口をいうというもの。 結果、卓丸と伶子は仲直りする。 そして、はるか達も... と思われたが、途中で竜二とはぐれてしまった。 すぐに見つけ出したはるかだが、その時竜二は、リリーという女性と指切りをしていた。 誤解をして「竜二さんなんか嫌い!」と言うはるかに手を上げてしまった竜二。 そして、その場から走り去るはるか。 竜二のことを考えながら歩いていると、日本料理屋で見かけた紳士と出会う。 紳士ははるかにメーテルリンクの「青い鳥」の話を始める。 「好きだとと言えずに一生後悔することもある」と聞かされたはるかは竜二の元へ急いで行くが、既にマレーシアに立った後... プールサイドでひとり悲しんでいるところに、卓丸と伶子が。 そして、マレーシアに立つ直前に預かった竜二からのプレゼントをはるかは受け取る...

CAST

岡崎友紀、藤村有弘(二役)、平泉征、松坂慶子、田辺一鶴、常岡ミチ子、アン・グレース、高橋昌也、浜田光夫

COMMENT

初めて竜二にたたかれたまどか。 でもその時の竜二はすごくカッコよく見えました。 このドラマでまどかちゃんのフィアンセとして登場したあの時とは全く別人のようです。 ところで、何故今回に限り田辺一鶴さんが登場するのかわかりません。 今回登場するのなら前回も登場してもよかったように思うのですが...

Location Site Information

シンガポールの名所

シンガポールの名所

シンガポール・ヒルトン

シンガポール・ヒルトン

Now Printing

準備中