×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニセモノご両親タイトルロゴ ひみこの家
放映日1974-4-16 サブタイトルニセモノにさよなら 放映話数第3回
監督岡屋竜一 脚本佐々木守 ゲスト
挿入歌- 協力銀座セキネ その他ナレーター:坂本九
STORY

ニセモノの両親はひみこのツケで花見の買い物をした。 仕事から帰ってきたひみこにお店の人たちから代金を払ってくれと...しかしひみこには支払うお金が無かった。 それを知ったノセモノの両親はラーメン屋で仕事をすることになるのだが...

CAST

岡崎友紀 牧伸二 浜田光夫 藤村有弘 有崎由美子 高峰圭二 紙じゅん 来栖あんな 藤岡恵子 田子母鬼馬二 古能成二 高山彰 石橋暁子 藤野まゆみ 中野和子 水の江じゅん 富士真奈美

COMMENT

ニセモノの両親がアルバイトをしたラーメン屋は何処なんでしょう? 今でもあるのでしょうか? しかし、旅一座の芸人が作るラーメンはどんな味?

Location Site Information

ひみこの家

多摩市桜ヶ丘1丁目

ブティックセキネ

セキネ

花見をした公園

愛宕第一公園(多摩市)

ニセモノ両親がアルバイトをしたラーメン屋

不明

2004年12月撮影

ひみこの家の近くの五差路です。 今ではなくなりましたが当時の多摩市はゴミ用BOXに家庭ごみを入れて回収していました。 同じロケ地である「おくさまは18歳」にもこのゴミ用BOXが登場します。

2004年12月撮影

同じようなアングルで撮影したのですが大きく成長した木が邪魔でわかりにくいですね。

2004年12月撮影

ひみこの家から出て五差路を右に曲がった道です。

2004年12月撮影

上の写真と同じ道です。 この道をまっすぐ行くと「おくさまは18歳」で登場した桜ヶ丘ロータリーに出ることができます。